Event is FINISHED

大家の学校6期 開校式イベント

Description
愛ある賃貸住宅を育てる、愛ある「大家の学校」6期の開校式イベントを行います!

暮らしの原点を問い直し、タイニーハウスなど新たな住まい方を発信するメディア「YADOKARI」運営するさわだいっせいさんとウエスギセイタさんを講師に迎えます。会場は、お二人が運営する可動産を活用した日本初の高架下複合施設「Tinys Yokohama」。

大家の学校の受講をお悩みの方もまずはお試しに、ぜひご参加ください!



【日 時】 
2019年5月26日(日)14:00〜16:00(開場13:30)

【内 容】 
14:00-14:20 あいさつ、大家の学校について
14:20-15:20 さわだいっせいさん・ウエスギセイタさん講義
15:20-15:30 休憩
15:30-16:00 トークセッション
これ以下は、懇親会
16:00-16:40 交流
16:40-17:10 受講生自己紹介
17:10-17:30 交流

※タイムテーブルは多少変更する場合もございます

【場 所】
Tinys Yokohama
(神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166)

【定 員】
35名
(定員になり次第申し込みを締め切らせていただきます)

【参加費】
3,000円(税込)
※受講生は受講料に含まれており、参加必須です
※懇親会は別料金となります

【ゲスト】
さわだいっせい/ウエスギセイタ
YADOKARI株式会社 共同代表取締役

暮らし(住まい方・働き方)の原点を問い直し、これからを考えるソーシャルデザインカンパニー「YADOKARI」。暮らしに関わる企画プロデュース、タイニーハウス企画開発、遊休不動産と可動産の活用・施設運営、まちづくり支援イベント、オウンドメディア支援などを主に手がける。
<メディア>
世界中の新たな住まい方事例を発信する「YADOKARI」を企画・運営。
<施設>
可動産を活用した日本初の高架下複合施設「TInys Yokohama
Hinodecho(グッドデザイン賞受賞)」、イベントキッチンスペース「BETTARA STAND 日本橋(暫定終了)」を企画・運営。
<商品>
移動式&小屋型タイニーハウス「INSPIRATION」「THE SKELETON HUT」「Tinys」を企画・販売。
<著書>
「ニッポンの新しい小屋暮らし」「アイム・ミニマリスト(日・韓)」「未来住まい方会議」「月極本1-3」など7冊ほど展開。
YADOKARI:http://yadokari.net/



【大家の学校について】
「大家の学校」は、大家を一つの職能として、暮らしをつくることを学ぶ学校です。

家を愛する人は、まちを愛する。まちに開くことで賃貸住宅の建物そのものもまちの経済循環をつくりだす投資先のひとつとなり、まちに魅力的なコンテンツが生まれはじめる。これを地道に連鎖させてつくられたエリアの価値なくして、建物の価値そのものも持続しません。
そこで、賃貸住宅をただの箱ではなく暮らしの舞台に編集し、欲しい暮らしをつくる住人を採用する大家の学びの場をつくることにしました。

校長は、家業を継いで大家になった約5年間で育つ賃貸住宅の文化をつくり上げてきた、株式会社まめくらし代表の青木純。
大家業をされている方だけでなく、欲しい暮らしをつくりたい!という方もヒントが得られるかもしれません。


【連絡先】
株式会社まめくらし
mail@mamekurashi.com




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#433504 2019-05-12 00:39:47
Sun May 26, 2019
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tinys Yokohama
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166 Japan
Organizer
まめくらし
469 Followers